アカペラを始めよう!
アカペラグループを創ろう!
何はともあれ、まずはメンバーから。
あなたの身近な音楽好きに、
「アカペラって知ってる?」と聞いてみよう。
もっとストレートな誘い方は、
「アカペラグループを創るので、あなたが必要だ」
と言う手もあるが、バカにされる可能性もあるので、
気の小さい人には向かないかも...。
大抵のアカペラサイトには、メン募BBSがあるので、
そこで募集するのも良いと思います。
メンバーは何人必要?
おそらく2人いればアカペラと呼べるかも。
アレンジのことを考えれば、4人〜6人が
いちばん理想的だと思われますが、
曲によっては、3人でもボイパ入りのアカペラを
こなすことも可能だと思います。
リード、コーラス、ベース+(ボイパ)が一般的で、
コーラスは2人以上いたほうがいいです。
でも...。それにとらわれず、
独自の編成でもアカペラは可能です。
メンバーが見つかったら準備をしよう!
まずアカペラの楽譜を用意しよう。
あらかじめメンバーの声域をチェックしておけば、
買う時にも書く時にも役に立つので、絶対お勧め。
みんながどんな曲を歌いたいか等も、
もちろんチェックしておきましょう。
なるべく早く練習を開始しないと、
勝手にいなくなる人もタマにいます。
ちょっと大変だけど、最初の準備だけは最速で。
あとは曲の仕上がり具合を見ながら、ボチボチ。
メンバーが見つからない時は...。
最強の助っ人?
ハードディスクレコーディングと言う手もあります。
最近のパソコンは性能がいい(らしい)ので、
多重録音が可能なソフトを使ってみましょう。
オンラインソフトで無料の物もあるようです。
この場合マイクは最低限必要になりますが、
どうしてもお金がもったいない方は、
イヤホンをマイクの代わりに使う方法もあります。
メンバーが見つかるまで多重録音で頑張ろう!
アカペラは未知の世界でいっぱいです。
アカペラライブを見て、「ヒョェ〜!そんなことできるんやぁ」
...なんてことは日常茶飯事です。
人の声と言うものは、未だに機械で作れないほど、
沢山の音色が出るものです。
常識にとらわれず、新しいサウンドに挑戦するのも、
アカペラの醍醐味と言えるでしょう。
是非、人体の限界?に挑戦してみて下さい。
ホームへ戻る