PCで録音するには...。
まず初めに...。
録音時の音量の調節(PC側)というのが、
非常に重要になってまいりますので、
最初に説明しておきたいと思います。
ウィンドウズマシーンの場合、
マイコンピューター等からコントロールパネルを開いて、
サウンドとマルチメディア>オーディオ>録音>音量を開き、
ここで入力ソースを選択し、フェダー型のボリュームで調節できます。
(XPの場合、サウンドとオーディオデバイス>音量>音声録音の音量ボタン)
マイク入力につないだ場合はマイクを選択し、
ライン入力に接続した場合はラインを選択します。
もしも、マイクやラインが表示されていない場合は,
オプション>プロパティ>録音>表示するコントロールで、
表示させたい入力ソースを選択してOKボタンをクリックします。
入力音量の調節を適正にすることにより、
ノイズも大幅に低減しますので、非常に重要な作業と言えます。
録音するアプリケーション側でコントロール出来る場合もあります。
MD or テープ→PCに録音
アカペラの練習用に、MDレコーダーやテープレコーダーをお持ちの方は、
それらを使って録音できますよね。
レコーダーのヘッドフォン又はライン出力端子から、あなたのPCのライン入力に接続し、
MD等を再生しながらPCで録音してやれば、その音をPCに取り込むことも可能です。
この場合の接続コードですが、
レコーダーとPCそれぞれの端子が、ステレオなのかモノラルなのかが重要になってきます。
普通は両方ステレオなのですが、たまにモノラルの場合もありますので、
「ステレオ-ステレオ」か「ステレオ-モノラル」又は「モノラル-モノラル」を選びましょう。
PCにマイク入力しかない場合は、抵抗入りの「マイク-ライン」変換コードを使いましょう。
これもステレオとモノラルがありますので、レコーダーに合わせて選びましょう。
(PCのマイク入力は普通モノラルです)
レコーディングソフトはWAV REC等のフリーウエアでも充分だと思いますし、
60秒以内なら、WINに付属のサウンドレコーダーでも録音出来ます。
格安?PC録音
ハンドマイクを持っていない方は、100円ショップ等で売っているモノラルのイヤホンでも、
PCのマイク入力に接続すると、録音出来る場合があります。(音が小さい場合があります)
ハンドマイクを持ってるとおっしゃる方は、PCとマイクをつなげば大抵録音できます。
このとき問題となるのは、PCにマイク入力があるかどうかですが、大抵ありますよね。
マイクケーブル(コード)はメタルキャノンを使用したMIP030等をお勧めしますが、
現在はそれほど気にすることはないと思います。
黒いキャノンコネクター(ノイトリック製)を初期のベリンガーマイクに刺すと、
コネクターが最後まで入らない場合がありましたが、現在ではごくまれです。

PC側は普通ミニ端子(メス)ですので、
ASN212等の変換プラグを使って接続すれば大抵録音出来ます。
PCのマイク入力端子は、普通コンデンサマイク用ですので、
ハンドマイクのようなダイナミックマイクでは録音出来ない場合も有るかも知れませんが、
大抵の場合録音できます。むしろ録音できなかったことはありません。
ライン入力を備えているPCの場合は、そちらでも録音出来る場合があります。
本格?PC録音
マイクからミキサーを通してPCのライン入力から録音する方法がベストでしょう。
一般的なPCではYPM221等のY型ケーブルを使用して接続します。
ステレオミニ−ピンのY型ケーブル変換アダプタを2つ付けても良いでしょう。
PCによってはライン入力を備えていない機種もあるかと思いますので、
その場合は抵抗入りの「ライン−マイク」変換コードを使うか、
又は外付けのインターフェースを使ってもいいでしょう。
ミキサーに、リバーブやコンプレッサをつなぐと、
更にリアルなサウンドが期待出来ると思います。
音声ファイルを加工したい。
サウンドファイルに様々な効果を掛けて、リアルな音にしたり、面白い音にしたり...。
そんなフリーウエアもありますので、試してみてはいかがでしょうか。
WIN98用ですがこちらの「WavePaseri」を管理人は使っていました。
わざとらしい効果の掛かり方をしますが、エフェクトの種類が豊富で面白いです。
一応コンプレッサやリバーブも装備していますが、PCのメモリ領域で動作するので、
動作は高速なのですが、作業が重いと強制終了する場合があります。
最近発見したのがこちらの「wavy」です。これはなかなか良いです。
マークアウトの黄色い縦棒を右に移動して範囲を選択し、
編集>エフェクトで効果を選択します。
リバーブの設定にLowカットまであって、かなり使えます。
リバーブの「凄さ」を上げることによって、密度の高いリバーブが掛かります。
佐藤君の紹介で、今大人気?のこちらが「SoundEngine Free」です。
リアルタイムに効果を確認できて、非常に便利です。
多重録音や練習の役に立つ簡易メトロノームも、
kさんの紹介してくれたフリーウエアのものがこちらにあります。
他にもお勧めのものがあったら、是非おしえて下さいね。
多重録音をしてみたい!
上でも紹介しましたがこちらの「SoundEngine Free」では、
2トラックづつファイルを重ねることが出来ますので、簡易的な多重録音が可能です。
まず、最初のパートを録音し、音声ファイルを作ります。
録音が終わったら、ドラッグで音声部分を選択し、コピーしておきます。
そのファイルを保存して、保存したファイルをメディアプレーアー等で再生しながら、
その音に合わせて、次のトラックをSoundEngineで録音します。
次のトラックの録音が終わったら、念のために保存してから、
ミックスする部分(普通は全ての音声部分)を選択してから、
【編集】→【リアルミックス】でミキシングします。
「遅れ」や「ミックス」でタイミングや音量バランスをとりましょう。
定位(PAN)も指定できますので、コーラス1と2の定位を、
左右に振ることで、ステレオ感をUPするのもいいでしょう。
この要領で、次々にミキシングして行くことが可能です。
リアルミックスの詳細説明
他にも便利なソフトが多数あります。
例えばkさん推奨の「DigiOnSound」体験版がこちらにあります。
製品版もかなり安く、音質も良好です。
エフェクトの種類は少ないようですが、
多重録音ができて、WinやMac、Linux版まである「Audacity」がこちらにあります。
英語版のソフトなのですが、なかなか使い易いです。
あと、ちょっと動作が重いのですが、
MIDIの作成と同時に多録もできる「Singer Song Writer 」体験版はこちらです。
製品版は少々高価です。
ナントMIDIトラックとオーディオトラックが両方扱えるフリーウエア!
ミーントーンさんに教えて頂いた「Music Studio Producer」がこちらにあります。
Winのみですが日本語版で使い易いです。
録音した音声ファイルをネットで公開するには...。
サウンドファイルは通常未圧縮の状態で録音されますので、
普通WEB上で使用する場合はファイルサイズを小さくする必要があります。
音質は多少悪くなりますがSCMPXぷっちでここ等のエンコーダーを使って、
MP3等に変換すると良いでしょう。
これらのソフトは、MP3からWAVに変換する、デコーダーも搭載していますので、
共同多録時等にも非常に役立ちます。
MP3とは、WAVに比べファイルサイズを約1/10に出来る圧縮技術です。
これを使えば、HPやサウンドファイルを添付出来るBBS等で音源を公開出来ます。
長い音声ファイルの場合で、圧縮するビットレートを正確に計算したい場合は、
こちらのツールを使ってみて下さいね。
SCMPXにおけるMP3圧縮の補足説明
以下のことは、SCMPXのダウンロードサイトにも書いていますが、
質問が多いので、念の為に掲載しておきます。
SCMPXでWAVファイルをMP3に圧縮しようとする場合、
8bitのWAVファイルは前もって16bitに変換する必要があります。
サウンドレコーダー等の簡易録音ソフトでは、8bitモノラルが標準のようです。
万が一圧縮出来ない場合には、8bitである可能性が考えられますので、
【CONVERT】→【Single files】→【Resample】を使用して、
量子化ビットを16bitにしておきましょう。この時チャンネルをmonoにしておくと、
ステレオ効果は無くなりますが、更にファイルがコンパクトになります。
16bitWAVが用意出来たら、いよいよMP3圧縮です。
【CONVERT】→【Single files】→【Encoding MPx】を使用して、
MP3圧縮を行います。圧縮率も選択出来るようになっていて便利です。
ぷっちでここについての補足説明
ダウンロード後に解凍すると「Decoco」と言うフォルダが作成されますので、
まずフォルダ内の「コーデック インストール.exe」を実行して下さい。
コーデックインストール完了後「PetitDecoco.exe」が実行可能になります。
「ぷっちでここ」は本来デコーダーとして開発されたものですので、
MP3にエンコード(圧縮)するさいは「MP3に変換する」にチェックを入れて、
ビットレート、ステレオ、モノラル等の音質を指定して下さい。
標準のFraunhoferコーデックで支障無いと思います。
変換ビットレートの種類も豊富で、8bitのWAVファイルからでも変換できるようです。
音質も良いようですし、圧縮の速度も高速です。
モノラルなら16kbps、ステレオなら32kbpsくらいまで圧縮できます。
ダウンロードしたフリーウエアが実行出来ない方へ。
既にアカペラや音楽の域を越えた内容ではあるとは思うのですが、
意外に質問が多いので、念の為に掲載しておきます。
これらのフリーウエアに付いては、
ディレクトリを構築する意味もあって大抵圧縮されおり、
LhacaE's Archiver等を使用して解凍しなければ使用出来ません。
解凍ツールの無い方は、こちらもダウンロードして下さいね。
ホームへ戻る